神田エリアで自分にぴったりのキャバクラ求人と巡り合う方法を紹介

サングラスのかっこいい女性

キャバクラの面接では何に気を付けるべきか

内緒のポーズの女性

キャバクラで働くにあたって、体験入店では簡単な個人情報を記載したシート程度を提出する形ですが、レギュラーとして働く場合、長期的に働く際は選考要件として面接を行うケースが大半です。面接があるということは最低限、社会人としてやる気があり、店に貢献できる素養があるかを店の経営者によってみられるというわけであり、それなりの対策が必要となります。まず身なりについては、キャバクラだからといってミニスカや胸の開いた服など、華美な格好をしていくのは好ましくありません。
あくまで面接では、店に通勤するにあたっての態度を確認するからです。また顔のメイクも控えめなものにしましょう。もちろん盛り髪はNGです。店側としては、その人本人の人柄を対話によって見たいものなので、容姿の面ではなるべく普段の自分をさらけだすほうがよいのです。志望動機、実現したいこと、趣味、出身地や家族構成などいくつか質問をされますので、予め、自分なりのテンプレートでいいので回答を頭の中に用意しておくといいでしょう。
質問にはきはきと答えられれば、キャバクラ嬢としての会話力も見込みがあると評価してもらえます。キャバクラは一般社会からみれば一風変わった存在ですが、そこで必要とされる勤務態度やコミュニケーション内容は一般企業とあまり変わりありません。お互いに気持ちよく面接が進められるよう、常に工夫しましょう。

TOP